個人が銀行からお金を借りる

MENU

カードローン

私たちの生活の中でカードローンは、もっとも身近な個人ローンのひとつと言えます。

 

確かに消費者金融のキャッシングがありますが、利用に抵抗ある人でもカードローンなら女性やローン初心者でも安心して利用できるのではないでしょうか。カードローンの最大のメリットは、必要な時にいつでも借入ができることにあります。

 

カードローンの申し込み時の最初だけ審査手続きがありますが、それ以降はカードを使用して銀行のATMなどで何時でも現金で貸付をしてくれます。

 

もうひとつがキャッシングの場合は、限度額までお金を借りると完済するまで次の融資が受けられないのに対して、カードローンは、返済が一定額になるとまた限度額までお金を借りることができるのです。

 

カードローンのサービスは、銀行だけでなく消費者金融や信販会社、銀行グループ会社、クレジットカードに付帯したものなど様々な形態であります。初めてカードローンを利用する人は、やはり安心感のある銀行カードローンがよいでしょう。

 

銀行カードローンは、他の金融機関より低金利なうえに全国の銀行ATMが使える点で有利と言えます。しかし、便利なうえに使い過ぎによる債務超過に陥ることが多いので気をつけなくてはなりません。

 

特に銀行カードローンは消費者金融のものより限度額が高めに設定されていますので、ATMから自分のお金のように引き出すことができますので、なおさら自制心が必要とされます。

 

なお、クレジットカードとよく混在することがありますが、クレジットカードの返済は基本的に翌月一括返済に対して、カードローンは毎月定額返済となっています。