銀行からお金をかりた債務整理

MENU

自己破産、民事再生、任意整理といずれの債務整理を行って借金から解放されることになるのですが、債務当事者は心労に至ることになりますが、家族を含めて本人も生活するうえでの影響はありません。

 

ただ、自宅や事務所、車などを手放さないといけませんので全く同じ生活ができるわけではありませんが、法律上の制限を受けることはありません。

 

また、家族が就職するうえでも何ら制限を受けることはありませんので、例えば本人は禁治産者により公務員に就くことは出来ないのですが、子を含めて家族が公務員になることは可能です。

 

ただし、家族がクレジットカードなどの新規融資を申し込んだときに信用保証情報に本人の情報に家族の情報も登録されていますので、クレジットカードやカードローンなどが新規に作れない可能性があります。

 

ただ、ローンと言うものは申し込んだ本人に対して融資を行うものなので、基本的には本人の収入や職業が審査の対象となるわけなので、一概に全ての融資に影響が出るとは言い切れません。

 

最も家族を含めて苦しめられたローンなので、あえて新規に作ることはしない方が無難なのですが、クレジットカードは自動車保険やインターネットなどの支払いに使われていますので、新規に作れないと少々不便を感じるかもしれませんが、口座振替や振り込みの方法をとれば問題ないかと思います。

 

債務整理に当たっては、当事者一人で悩まずに配偶者がいれば相談することが大切です。意外と妻による内助の功と言うこともあるかもしれません。