銀行からお金を借りるカードローン

MENU

カードローンの返済方法

カードローンでお金を借りた時の返済方法は、基本的に毎月銀行口座からからの引き落としになります。毎月の返済額は、借りたお金の額によって変わってきます。
当月カードローンで10万円を借りた場合、翌月1万円が返済として引き落とされ、さらに10万円を借りて借入額が20万円となった場合、翌々月から2万円が引き落とされることになります。

 

ちなみに、返済額の内訳は借りた元金と利息分を合わせた額を月ごとに割った額になりますが、初回だけは割りきれなかった差額分を加算されて引き落とされることが多いようです。

 

キャッシングの場合もそうなのですが、カードローンも毎月自動引き落としにより返済していますが、なるべく早く返済したほうが後々カードローンを使って融資を受けたくなったときに備えておうたほうが無難と言えます。

 

カードローンの返済方法に毎月の自動引き落としのほかに、任意返済と言う方法があります。任意返済は、お金を借りた人がいつでも銀行やコンビニのATMから任意の額を返済することができるものです。

 

毎月の自動引き落としによる返済は、元金と利息を合わせた額を返済していますが、任意返済では返済額すべてが元金分として返済されるのです。

 

このため、借入期間を短くできるほかに利息を減らすメリットがあります。

 

カードローンは、手持ちのお金が足りない時に補助的に使うのが本来の利用方法になりますので、いくら自動引き落としで返済しているからと言って、借り過ぎてしまうと返済だけで一杯になり返済不能に陥ることがあります。

 

ボーナスや残業により給与に余裕があるときに、こまめに任意返済で元金を減らすことが重要です。