銀行からお金を借りるときの基礎知識

MENU

銀行からお金を借りるときの保証人

キャッシングのように個人の信用によりお金を借りる場合は、保証人を必要としていませんが、銀行からお金を借りる場合は法人であろうと個人でも保証人を必要とかることが多いです。この保証人において、借りる側によって誰を保証人にするのか違ってきます。

 

株式会社の企業の場合の保証人は、通常、代表取締役の社長があたります。

 

なぜ、借りる本人が保証人になるかは、株式会社の組織形態をひも解かないといけなくなりますので割愛しますが、簡単には、保証人として社長個人の資産などを取り押さえ、社長自ら責任意識を持たせるのが目的となっています。

 

個人商店など個人事業主や個人に対して銀行がお金を貸すときは、第三者による保証人が必要となります。

 

しかし、友人や親せきに保証人になってくれと言ったところで、断られるのが関の山です。そこで、信用保証協会などの保証会社にお金を払って保証人になってもらう方法があります。

 

この保証会社は、不動産などの担保を差し出すことで銀行融資の保証人の代わりになってもらうところです。銀行からお金を借りたものの、返済が滞ってしまったときに、代わって銀行にお金を返してくれるところになります。

 

借りたお金を保証協会が銀行に代わって返済することを代位弁済と言っています。

 

ただし、保証協会は土地などの資産を裁判所に取り押さえの申し立てをして、資産を没収されてしまうほか、次に融資を受けたいときの保証人として立てられなくなってしまいます。