銀行からお金をかりた債務整理

MENU

自己破産

自己破産と言うと、世間体が悪いとか夜逃げをしないといけないなど暗いイメージが付きまといます。

 

確かに、社会的な地位や資産は失うことになりますが、借金の取り立てや資金の調達に毎日頭を抱える事態からは解放されることになりますので、悲観することはないと思います。

 

自己破産するとどうなるのでしょうか。まず、これまでの借金は全てなしになり、残っている返済残もなくなりますので、借金を返済する必要はなくなります。

 

返済が遅れたり、滞ってしまうと、当然督促を受けることになりますが、毎日督促の電話や自宅、会社まで取り立てに来られると精神的に参ってしまいます。

 

銀行は自己破産による債務整理を受けた段階で督促や取り立てを行うことができなくなります。これは、法律で定められていますので、自己破産を裁判所に申し立てて受理されば、借金はゼロになりますので督促や取り立てしても意味がなくなってしまいます。

 

しかし、今まで自分が持っていた不動産や車、高額商品、株などは裁判所から差し押さえとなるため、資産は無くなってしまいます。ただし、よく時代劇にあるような身ぐるみをはがすようなことはないので安心してください。また、しばらくは、不動産などは持てなくなります。

 

そして、公務員などの職業に就くことが制限されるほか、自己破産の手続き中に限って、生保や警備などの人の資産を扱う仕事に制限がかかったりします。

 

当然ですが、新たな融資は受けることはできません。ただし、ある程度年数が経てば融資を受けることが出来るようになりますが、せっかく自己破産までして借金地獄から脱出したわけなのでよほどのことがない限り、融資を受けるのは慎重にしましょう。