銀行からお金を借りる

MENU

カードローンの基礎

カードローンは、冠婚葬祭など急な出費があったときに直ぐにお金を借りることができるので大変便利なローンサービスになっています。

 

30代以上のサラリーマンになると1,2枚カードローンのカードを持っている人も少なくないと思います。ある程度係長などの役職についてくると、ゴルフや飲み会などの付き合いも大変になることが背景にあるのかもしれません。

 

ただし、使い方を間違えると借金地獄に陥ってしまいますので、しっかりと自制心を持たなければなりません。

 

カードローンは、自分の口座からキャッシュカードと同じようにATMから現金で引き出すことができますので、自分のお金と錯覚を起こす人も少なくないようです。カードローンはあくまでもローンなので借金をしているということを忘れてはいけません。

 

カードローンの返済は、銀行やコンビニのATMから何時でも返済することができますので、基本的に給与やボーナスなどまとまったお金が出来たときに必ず返済するように心がける必要があります。そうしないと、借入期間が長なり、利息がどんどん溜まっていってしまいます。

 

カードローンで失敗する人の多くは、返済忘れによって利息が膨れ上がってしまい、気がついたときは既に手遅れになっている状態なのです。

 

カードローンを利用するにあたり、お金を借りたら直ぐに少額でもいいので返済に充てて、少しでも借入期間を短くすることが鉄則になっています。

 

特にカードローンの金利は、一般的に高く設定されていますので、借入期間が長いとそれなりに利息がかかってしまいます。