個人が銀行からお金を借りる

MENU

教育ローン

教育ローンは、義務教育以上の高等学校や大学、専門学校や私立小中学校の場合、多額の入学金や授業料などがかかるために、これらを補うために銀行などから融資を受けるサービスになっています。

 

教育ローンを取り扱うのは、銀行や信販会社、日本郵政や生命保険会社などと幅広く取り扱われています。

 

企業によっては、社員の福利厚生の一環で会社から直接貸付を行ったり、提携金融機関を無利息で貸し付けているところもあるようです。

 

また、住宅ローンやマイカーローンと同様に借りる人の口座などに融資額が振り込まれるのではなく、大抵は学校に直接振り込まれることが多くなっていいます。

 

これも使途を厳格に学費や入学金などに限定するためで、例えば自動車学校や英会話スクールなどの資格取得のための費用は適用外になっています。

 

また、個人ローンの中でも利用しやすさを目的としているので、低金利で融資が受けられるようになっています。銀行ローンの対象となるのは、高等学校、短期大学、大学、大学院、専門学校とさらに大学受験予備校が含まれています。

 

教育ローンで受けられる使途は、それぞれの銀行によってサービスが異なっていますのでよく調べてから契約する必要があります。

 

大抵は、入学金や月謝・授業料に限定しているところもありますが、中には受験料や教科書代、修学に必要ものの購入費、下宿の家賃や定期代なども認められていますので各銀行の窓口やホームページで確認することをお勧めします。