個人が銀行からお金を借りる

MENU

マイカーローン

新車や中古車を購入する時、現金でポンと買えることが出来ればよいのですが、どうしても欲しい車の代金が足らないといった場合は、ローンを組んで車を購入することになります。

 

大抵の人は、面倒な手続きを車を購入する手続きと一緒に行えることから、ディーラーなどの販売店が勧めるマイカーローンを組んでしまうことが多いようです。

 

ディーラーでマイカーローンを組んだ場合、確かに面等な手続きは営業担当が行ってくれますので便利なのですが、金利がどれくらいか比較せずに契約するのは危険かもしれません。

 

また、ディーラーの場合、審判会社のマイカーローンとなることが多いですが、この場合、車の名義が信販会社になりますので完済したときや、車を売却する時に名義を変更する必要があります。

 

最近は、銀行などのマイカーローンサービスが充実しており、金利が低く設定してあることから利用者が増えているようです。ただし、やはり審査が厳しいうえに、手続が複雑なうえに時間がかかることが多いようです。

 

また銀行のマイカーローンは、使途を厳格に確認するため、見積書や契約書の提出が必要となります。しかし、車と言えでも高額な出費となりますので、数パーセントの金利の違いで利息が大きく異なってきます。

 

ディーラーの提示する金利と一度比較してみる価値はあると思います。

 

また、銀行のマイカーローンでは、定期や給与口座など取引がある場合さらに金利を安くするサービスやインターネットからの申し込み金利割引などのサービスがありますのでさらに返済額に違いが出る可能性があります。