銀行からお金をかりた債務整理

MENU

個人民事再生

○○会社が民事再生法の適用を受けることになったなどと、ニュースで民事再生という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

民事再生法は、平成12年にこれまでの和議法に代わって施行された法律で、倒産の危機にある会社を国の支援などを受けながら、会社が財産管理や事業を続けながら会社の再建を行うものです。

 

個人民事再生は、個人版になるのですが、住宅ローンや担保融資など担保となっているものを処分する代わりに、借金残が五千万円以下に限ってその債務を減額すると言うもので、借金自体が帳消しになるわけではありません。

 

個人民事再生の適用を受けた場合、減額された借金は、3年以内に返済する必要があります。

 

また、個人民事再生の適用を受けるためには、安定した収入見込みがあることと、減額した借金を3年以内に返済出来る見込みがあることが条件となっています。

 

個人民事再生の適用を受けた場合、担保となる不動産や車などは処分することになりますが、住宅ローンなどでこの適用を受けた場合、不動産の処分は免れることがあります。

 

住宅ローンで返済が出来なくなり債務整理となった場合、銀行は信用保証会社に抵当権を行使して不動産の差し押さえを行うのですが、住宅ローンで個人民事再生を行うと住宅資金特別条項により残った住宅ローンの返済を続けると言う条件で、銀行や信用保証会社の抵当に取られなくなりますので、そのままマイホームに住みながら頑張って住宅ローンを返せばよいのです。

 

この辺は、法律に詳しい弁護士などに相談して適切に対応してもらうことをお勧めします。