銀行からお金をかりた債務整理

MENU

任意整理

任意整理は、自己破産が裁判所の調停により公的に債務整理をするのに対して、お金を借りた人と銀行との話し合いで返済方法などを見直すことになります。

 

任意整理には、規則やルールが設けられているわけではありませんが、実際は各銀行のマニュアルに沿って処理されることになります。

 

任意整理を行ううえで、金利以上の過払い利息がある場合は、借りたお金の元本分を返済したことにして、借りたお金の借入額を減らすことが出来るのです。

 

よく法律事務所のCMで、払いすぎた利息が戻ってくるなどとうたっていますが、まさにこのことになります。ただし、この任意整理による過払い利息の払い戻しは、金利の高い場合には適用できますが、もともと金利の低い銀行ローンには過払い利息が生じないことが多いので適用は難しいかもしれません。

 

自己破産の場合、借金が帳消しになる代償として不動産や車などの資産が差し押さえられることになりますが、任意整理ではまずは話し合いによる解決方法を見出しますので、銀行側が納得いく見直しの返済計画が立てることが出来れば、資産を失うことは免れます。

 

ただし、自己破産や民事再生同様に信用情報には登録されることになりますので、しばらくの間融資を受けることは出来なくなります。任意整理を行って自分で何とかしたい気持ちは分かりますが、任意整理が法的な措置がないと言っても、経験や法律を熟知して適切に行わないと話がこじれてしまいます。

 

やはり、弁護士や行政書士の債務無料相談を受けることお勧めしたいです。