銀行からお金を借りるときの基礎知識

MENU

銀行からお金を借りるときの資金使途

銀行から借りたお金の使う方法が、あらかじめ決められており目的外には利用手席内容になっています。

 

企業や個人事業主であれば、運転資金、設備資金、納税資金、賞与資金になり、個人であれば不動産資金も教育資金、マイカー資金、冠婚葬祭資金などと決められています。

 

ただし、個人融資でカードローンやフリーローンのように使途が定められていない商品もありますが、これらは少額の融資にすぎません。

 

このように、企業や個人事業主の融資であれば、業績・利益の向上につながる使途しか認められないことになります。

 

また、個人においても株や先物取引、ばくちなど元金すら保証されないものにもお金を貸してくれません。

 

そして、融資を受けるとその経過を報告することになっており、もし、融資契約と違う目的で使われていたことが神明すると、一括で返済を要求されたり、次の融資などの取引は受けられなくなってしまいます。

 

このことは、個人の融資も同様で、住宅ローンで不動産の転売を目的としたり、教育ローンで、実際には私立学校でなく公立学校に行かせて生活費や娯楽に使っていることが判明すれば、一括で返済を要求されることになります。

 

また、カードローンなどの審査も通らなくなってしまいますのでくれぐれも銀行融資の流用はしないようにしなくてはなりません。

 

よく個人事業主の間で聞く言葉に運転資金がありますが、どういうことかと言いますと、仕事をするうえで材利用を仕入れないといけないがお金がない、作ったものが売れているが手元にお金がないなど企業やお店を経営するうえで、ものとお金の流れが微妙に異なるとから資金が不足してしまう現象になります。

 

これを当座の運転資金として、銀行からお金を借りて材料を購入したり、従業員の給与に充てることになります。