銀行からお金を借りるときの基礎知識

MENU

銀行からお金を借りるときの担保

銀行からお金を借りるときに必要になるものとして、保証人と担保があります。担保は、銀行が貸したお金を返してもらえなくなったときに、その代わりに貸した側の土地や建物、ものなどを差し押さえるものです。

 

しかし、最近では担保とらないケースが多くなっています。

 

バブル時代は担保さえあれば、いくらでもお金を貸した時代でしたが、バブルが終わり貸したお金が焦げ付いてしまったあげく、不動産価値も下落して多大な不良債権を化か売ることになり、銀行経営の悪化を招いてしまいしまた。

 

このため、担保価値を重視するより、お金を貸すところの業績や返済能力を第一に重視するようになったわけです。このため、価値のある動不動産を持っていても、業績が悪化していたり、返済が滞っているようであれば融資はしてくれません。

 

全ての融資が無担保と言うわけではなく、融資額が大きい場合や企業の規模や業績の程度によっては担保を要求します。また、借入期間が長期にわたる場合も担保を必要とすることが多いようです。

 

住宅ローンのように不動産を購入するためにお金を借りる場合も、購入する土地や建物を担保とし、住宅資金としての使途を厳格する意味でもあります。

 

担保として銀行の抵当権になっている不動産を売却するときは、借りたお金を全て返すことが必要です。担保に入っている不動産を売却することは出来ますが、完済せずに売却すると銀行の抵当権になったままになりますので、大きなトラブルの原因になるので注意が必要です。