銀行からお金を借りる個人ローン

MENU

個人ローン契約後の転職

銀行からお金を借りることができたその後に、会社が倒産したり自己都合で転職をした場合、当然申込書に記載した会社や勤続年数は異なってしまうことになりますが、再申請する必要があるかどうか迷うと思います。

 

出来れば黙っていたいですが、事実と違うことが分かったときに融資が取り消されるのではないかと心配される人もいるのではないでしょうか。

 

融資の申し込みを行って審査が下りた段階で融資の契約を銀行と行うわけなのですが、この時点で申込書に記載した内容で契約が成立していることになりますので、その後転職や自分で事業を起こしたからと言って報告や契約変更の手続きを行う必要はありません。

 

ローンの審査は、あくまでもその時の状態で行いますので、その後については気先行側のリスクになります。

 

ただし、申し込みを行っているときに転職した場合は、銀行に報告や申し込み変更を行う必要があります。

 

転職にしても事業を起こしたにしても、前の収入を維持または、上げることになれば返済に困ることはないでしょうが、大抵は転職により収入は減ってしまいます。生活を切り詰めて返済に充てるしかありませんが、そう長く続けられるものではありません。

 

さらには、転職しても直ぐに前の収入までになるには時間がかかることになりますので、返済に困ることになります。

 

確かに転職により銀行にそのことを報告する必要はありませんが、返済に困るような事態になる恐れがあるのなら、やはり相談と言うかたちで報告したほうが、よいのではないでしょうか。

 

銀行側も、貸し倒れになるよりは返済期間を見直したりしてくれるはずです。