銀行からお金を借りる個人ローン

MENU

個人ローンとは

銀行の融資と言うと、一昔前までは企業や個人事業主を対象とした運転資金設備投資資金などが主流でした。

 

しかし、金融緩和政策により生保や信販会社でも銀行業務の一部が出来るようになり、個人を対象とした金融商品の激化が進んだ結果、銀行においても個人を対象とした融資サービスが揃うようになります。

 

銀行の融資で一般的なのは、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンがありますが、これらは融資の目的が決められていて、目的外で融資を受けることができません。

 

銀行で言う個人ローンは、利用目的を定めず融資が受けられる無担保ローンを示します。銀行カードローンも言わば個人ローンのひとつになります。

 

また個人ローンは、例えばキャッシングで多重債務になっているときに、個人ローンに一まとめにすることもできるようになっており、様々な用途に応じてお金を借りて運用することが出来る便利なローンなのです。

 

個人ローンは、基本的に無担保で銀行からお金を借りることができるので、他動産などの資産を保有していなくても関係はありませんが、お金を貸す銀行にとってはその分、貸し倒れになったときのリスクを負うことになります。このため、仕事や収入など審査基準が高く設定されています。

 

また、金利においても住宅ローンやマイカーローンに比べても高くなっています。

 

キャッシングの場合は、法律で収入の3分1までしかお金をかりることは出来ませんが、銀行での融資はこの適用を受けませんので、個人ローンで収入に関係なく審査が通れば限度額までお金を借りることが出来ますよ。